祝箸(ヘギ入り)

事始めの12月13日より販売開始しました。

祝箸(1組)

祝箸(1組)

祝箸(ヘギ入り)【1組】¥250

当店の祝箸は古都京都で昔から使われてきた「関西風」の正式な祝箸です。水引がきちんと付いていて、汚れ防止のヘギも挟んでいる為、松の内が終わるまで、箸袋が汚れることなく、きれいにお使いいただけます。

祝箸(箸のみ)

祝箸(箸のみ)【国産の水木材使用】

祝箸(柳箸)【箸のみ・5膳組】¥250

祝箸は「柳箸(やなぎばし)」とも呼ばれ、大昔は柳の木で作られていたようですが、非常に柔らかく折れやすかった為、見た目が似ていて折れにくい「水木(みずき)」で作られるようになりました。正月から箸が折れることを忌み嫌った日本文化の象徴だったのですが、近年の祝箸は「アスペン」と呼ばれる外国産材が主流になってしまいました。

祝箸(袋のみ)

祝箸(袋のみ)

祝袋(ヘギ入り)【袋のみ・5枚組】¥1,000

今ではほとんど見かけなくなった「ヘギ入り」の箸袋です。通常の箸袋ですと紙がベタベタに汚れてしまいますが、ヘギが入っていることで松の内の最後まできれいにお使いいただけます。

また「関西風」の箸袋は置き方も独特で、写真のように水引を上にして置くのも「関東風」とは違う大きな特徴です。