ドラマ『探偵・由利麟太郎』で【吉川晃司さん】が使用されている御箸について。

黒檀(こくたん)
銘木材【黒檀(こくたん)】で作った「御箸」と「箸箱」「箸置き」

◆関西テレビで毎週火曜日21時放送のドラマ『探偵・由利麟太郎』で、主演の【吉川晃司さん】が使用されている御箸の問い合わせが、連日多く寄せられています。

その問い合わせの多くが、価格や納期の問い合わせなので、今回このページに記載しておきます。

【吉川晃司さん】と同じ「材質/形状/サイズ」で作った場合

【吉川晃司さん】が使用されている御箸は、材質に堅牢な「黒檀」を使用し、形状は持ちやすい「八角形」サイズは手が大きく長い御箸がお好みの【吉川さん】のご要望に合わせて特別長い25cmで作った御箸です。

これと同じ「材質/形状/サイズ」で制作すると、「1膳10,000円(税別)」納期は約1ヶ月です。

「材質」と「形状」は同じで、大きさだけ一般サイズで作った場合

【吉川さん】の御箸のサイズはかなり長く大きな御箸ですので、一般の男性や女性が使うには大きすぎて少し扱いにくいです。誰もが使いやすい通常サイズで制作し、同じ材質「黒檀」、同じ形状「八角形」の場合は「1膳8,000円(税別)」で制作可能です。

こちらは在庫分もありますので、ぴったりサイズの在庫があればすぐにご用意できます。
在庫にない場合は一から「誂えて」作らせていただきます。その際、使う方の「性別」と「身長」を教えていただけると、使いやすいサイズに合わせて微調整して制作しやすくなります。制作期間は約1ヶ月です。

「聖地巡礼」ご来店ありがとうございます。

ドラマも評判よく好調なようで、連日店頭にご来店されるお客様方も本当に楽しみにされているようです。店の近くにはドラマで使用された撮影地(聖地)も多くあるそうで、昨日も三重県と福井県から【吉川さん】と同じ御箸を探しに来店されました。この女性お二人は店頭の持ち比べ用見本を持ち比べて、自分に合ったサイズを選んで【吉川さん】と同じ黒檀で作って欲しいと「あつらえ」のご注文をして帰られました。その後も近隣の【吉川さん関連】の聖地巡礼をして帰られるそうです。

◆最後に、自分用だけでなく、プレゼント用の御箸の制作も可能です。詳しくは当店ホームページをご覧いただき、ご質問等ございましたら遠慮なくお電話下さい。

 

 

 

 

「探偵・由利麟太郎」主演の【吉川晃司さん】の影響力は凄いと実感。

手削りの御箸が生み出す、箸先の使いやすさ

◆前回、「探偵・由利麟太郎」主演の【吉川晃司さん】が「ドラマで使われる御箸を作らせていただきました」とブログに書き込んだのですが、ドラマも好調なようで、京都新聞にも大きな紙面で取り上げられていました。東映さんも力を入れて制作されたようで、すごい熱意を感じます。

その【吉川さん】と同じ御箸を購入したいと、今日の2時頃ご夫婦のお客様が来店されて、【吉川さん】と同じ素材の「黒檀(八角形)の御箸」を購入して帰られました。

色々とお話を聞いてみると、撮影で使われた場所を順番に巡っていて、「御箸の購入もその聖地巡礼の一つなんです。」と話されていました。

「熱心なファンの方は凄くパワフルだな」と感心していると、今度は電話が鳴り、福岡のお客様からの電話だったのですが「【吉川晃司さん】が大好きな友人がいるので、その友人に【吉川さん】がドラマで使っているのと同じ御箸をプレゼントしてあげたい」という御依頼でした。

【吉川晃司さん】がドラマで使われている御箸は、かなり長めの特別サイズで誂えた御箸でしたので、今すぐは在庫が無いので、同じ黒檀の材質で、同じく長めの特別サイズで誂えて一ヶ月後に送らせていただきますと伝えると、「良いプレゼントが見つかりました」と大変喜んでいただけました。

その30分後、今度はメールを確認すると「和歌山のお客様」から、「探偵・由利麟太郎」のドラマを見て【吉川晃司さん】が使ってるような御箸が欲しいというメールが入っていて、わずか1時間程のうちに3件も【吉川さん】関連のご注文が入るとは夢にも思わず。

【吉川晃司さん】の影響力の凄さを実感した、夢のような出来事でした。

 

 

新しく【持ち比べ見本品】貸し出しサービスを始めました。

「長さ・太さ」の違う持ち比べ見本の御箸

◆今回、コロナウイルスの影響で遠方からのご来店が難しいお客様の為に【持ち比べ用の御箸】を貸出しするサービスを開始します。

電話やメールでお申し込みいただき、「身長や性別」「御箸のお好み」などを聞かせていただいて、ある程度「素材」や「サイズ」を絞り込んだうえで「長さや太さの違う見本の御箸を6膳程」送らせていただきます。

こちらから小箱に入れて発送し、中に返送用の「スマートレター」の封筒を同封しておきますので、それに入れて送り返していただくだけで大丈夫です。(※切手も必要ありません。)

費用は【¥500(税別)】で、出来上がった御箸をお届けする際に合算していただきますので、難しい手続き等ありません。

◆外出がしにくくなった昨今、本当に気に入った使いやすい御箸で毎日の「おうちごはん」をより美味しく召し上がってみませんか。自分の手に合わせて誂えた御箸は、きっといつも馴染んだ「おうちごはん」の味を更に美味しく感じさせてくれるはずです。

※詳しい詳細は、近日中に当店ホームページに記載します。

 

 

 

【吉川晃司さん】が、ドラマ『探偵・由利麟太郎』で使われる御箸を作りました。

黒檀箸【八角形】吉川さんの要望に合わせて、長めの特大サイスで制作。

◆今年の1月、まだコロナが騒がれる前でしたが、「東映京都撮影所の助監督さん」からお電話をいただき、「主役の吉川晃司さん」が使う御箸探しで困っているので、ぜひ力を貸して欲しいとご連絡がありました。

お話を聞くと、「吉川さん」は手が大きく、御箸も通常より長く大きめの御箸がお好みとの事で、スタッフさん達で色々なショップを回って、大きな御箸を探されたそうですが、なかなか質の高いものは見つからず「吉川さん」のお眼鏡にかなうものは見つからなかったそうです。

そこで手作りで御箸を誂える当店にお話をいただいたのですが、当方特殊な御箸は得意分野ですので、「吉川さん」のお好みを聞かせていただいた上でお勧めしたのが「黒檀箸の八角形(長く太めのサイズ)」で、ご用意させていただきました。

◆「助監督さん」から数日後、「大変気に入っていただけたようで、撮影にもぜひ使わせてもらいます。」というご連絡をいただきました。

そのドラマが『探偵・由利麟太郎』明日の6月16日から関テレ9時で5週連続で放送されます。

【第1話】は、うどん屋さんのシーンで主役の吉川晃司さんが使用されるそうです。
 ※興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

ブログ『御箸のお話』を更新しました。

当店のブログ『御箸のお話』を更新しました。

◆今回は御箸の【真・行・草】について書きました。

私の考えるルールに基づいて分かりやすく区分したつもりです。
興味のある方は、ぜひ一度お目通し下さい。

『草の御箸』に当たる【黒竹の枝を使った取り箸】