【紫檀(したん)】の画像をアップしました。

紫檀(したん)
紫檀(したん)

東南アジアを代表するローズウッドの王様がこの紫檀です。唐木の一種として古くから日本にもなじみが深く、高級床柱や高価なお仏壇などに利用されてきましたが、材の減少に伴い輸出に規制がかかってしまいました。
その為、現在市場に出回っている紫檀の多くが代用材に代わってしまい、本物の紫檀は入手の難しい稀少材となっています。

 

【亜馬孫・薔薇香木(アマゾン・ローズウッド)】【虎檀(こたん)】画像をアップしました。

亜馬孫・薔薇香木(アマゾン・ローズウッド)
亜馬孫・薔薇香木(アマゾン・ローズウッド)

マメ科の高級木材ローズウッドの一種です。原産地が南米アマゾンなので「アマゾン・ローズウッド」と呼ばれています。明るい茶色から少し紫を帯びた茶褐色の木目が美しい銘木材です。ギター用材として知られ、ギターをしている方へのプレゼントなどに喜ばれるのではないでしょうか。

虎檀(こたん)
虎檀(こたん)

東南アジアの高級銘木材「唐木」の一種です。黄色と黒の虎模様が美しく、特にタイガースファンの方には熱い支持を得ている銘木材です。材面は明るい黄色から深い黄褐色に変化していきます。

【阿弗利加・薔薇香木(アフリカン・ローズウッド)】【洪都拉斯・薔薇香木(ホンジュラス・ローズウッド)】画像をアップしました。

阿弗利加・薔薇香木(アフリカン・ローズウッド)
阿弗利加・薔薇香木(アフリカン・ローズウッド)

マメ科の高級木材ローズウッドの一種です。原産地がアフリカ大陸なので「アフリカン・ローズウッド」と呼ばれています。オレンジ色の淡い材面に細かい木目が美しい銘木材です。

洪都拉斯・薔薇香木(ホンジュラス・ローズウッド)
洪都拉斯・薔薇香木(ホンジュラス・ローズウッド)

マメ科の高級木材ローズウッドの一種です。原産地がホンジュラスなので「ホンジュラス・ローズウッド」と呼ばれています。淡い材面に褐色の木目が入り混じります。この木材は「マリンバ」を制作する高級楽器材として有名です。

 

 

 

【黒檀(こくたん)】【花梨(かりん)】の画像をアップしました。

黒檀
黒檀

唐木の代表格「黒檀」シックで落ち着いた黒が魅力の高級銘木材です。男性には最も人気のある材ですが、高級ピアノの黒鍵にも利用されているため、ピアノをしている女性からのご注文もよくあります。

海外では「エボニー」と呼ばれ、外国でも高級木材として有名で、和洋問わず幅広い層に人気の銘木材です。

花梨
花梨

実のなるカリン(バラ科)とはまた別の種類で、こちらはマメ科で高級銘木材「ローズウッド」の一種になります。淡い朱色が美しく、女性に人気の銘木材です。

新たに【本桜】追加/【赤樫】の画像を更新しました。

銘木箸の商品に新しく『本桜(ほんざくら)』を追加しました。

市場には桜と名の付く木材がたくさんありますが、多くが「カバノキ科」の木材で、春にきれいな花が咲く桜「バラ科」の木材とは違うことが多々あります。

両方の木材は質感や色合いもよく似ていますが、本当の理由は桜と名前を付けたほうが販売しやすいからだと思います。

私たちが思い描く本物の桜(バラ科)は『本桜』と呼ばれ、桃色や薄い緑色が材面に流れる美しい銘木材として知られています。

本桜
本桜

 

最高級銘木材「ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)」すべて無くなりました。

最高級ギター用材「ハカランダ」、材木業界では「ブラジリアン・ローズウッド」という名称で知られる最高級銘木材です。

1960年代に原木の輸出が禁止され、それから60年近くの時が流れ、現在では最も入手の困難な木材です。

当店も5年ほど探して回って、ようやく10年前にギター職人さんから少し分けていただいた材を大事に使用していたのですが、先日台湾からのお客様がすべてお買い上げ下さり、当店のブラジリアンローズは完売してしまいました。(箸置きはございます。)

おそらく今後の入手は難しく、貴重な材で思い入れがあった分、少し寂しい気持ちになりますが、材木の輸入はワシントン条約などで年々規制が厳しくなってきているのが現状です。

今後、当店で販売している御箸の材料も使えなくなる材や、無くなってしまう材が増えてくると思われますが、できる限り良い材を探して、質の高い御箸が作れるよう精進しなければなりません。

『おはし』の【名入れ】をはじめました。

前から問い合わせがあった御箸に名前を彫り込むサービスをはじめました。
奥の2膳が「彫のみ500円」/手前の2膳が「彫+塗り1,000円」です。
文字数が1本3文字(2本組1膳で6文字)までは、このお値段で大丈夫です。
近日中に名入れの詳しいページを追加したいと思います。

名入れ
名入れ

新たに銘木材【洋酒樽箸】を追加しました。

以前も洋酒樽の御箸は作っていて、前は樽として使用された後の材の有効活用で作っていました。ですが、年々材料価格が上昇し、それに反比例して品質は落ちていく一方でしたので取り扱いを止めました。また良い材料が入手できたら作りたいなと思っていたところに、木目が美しく、硬さもしっかりとした良質な原木が手に入りましたので、今回新しく原木から制作した洋酒樽箸を復活させました。

材料費も抑えることができましたので、購入しやすい価格帯で販売させていただきます。ワインやウイスキーなど、お酒の好きな方へのプレゼントにいかがでしょうか

洋酒樽箸