【黒柿・孔雀杢(くろがき・くじゃくもく)】画像をアップしました。

黒柿【孔雀杢】(くじゃくもく)
黒柿【孔雀杢】(くじゃくもく)

国産銘木材の最高峰「黒柿」、まるで水墨画で描いたようなきれいな木目や杢が特徴ですが、その中でも最も珍しく、美しいのがこの『孔雀杢』です。

黄金色を帯びた材面に、孔雀の羽のような青緑色の紋様が浮かび上がる、まさに自然界が作りだした天然の芸術作品です。

言い伝えでは、きれいな黒柿は1万本に1本、孔雀杢の黒柿に至っては10万本に1本と語り継がれている幻の銘木材です。

年末年始の休業案内

上から【栃(虎杢)箸箱】【黒柿の箸と箸箱】【楓(玉杢)箸箱】
上から【栃(虎杢)箸箱】【黒柿の箸と箸箱】【楓(玉杢)箸箱】

年末は31日まで営業、ただし31日は掃除をしながら少し早く閉める予定ですので、できれば30日までにご来店いただいたほうがゆっくりお買い物していただけます。

新年は5日(金)より営業します。

もし1日~4日までの間で来店ご希望のお客様は3日前までに希望の日時をお伝えいただければ店にいるようにしますので、お電話もしくはメールで、ご連絡下さい。(メールの場合はお電話番号の記載を必ずお願いします。)

来客用おもてなしの御箸『利休箸』

利休箸【10膳組】¥700
利休箸【10膳組】¥700

先日の迎春用「祝箸」に続き、今回は来客用のおもてなしつながりで『利休箸』をご紹介します。

利休箸は茶懐石の開祖「千利休」が考案した茶懐石の懐石料理をいただくための御箸で、お客様をもてなす最高の御箸とされています。

当店販売の利休箸は奈良県吉野杉の白杉を使用し、天然木材本来の色合いです。外国産割り箸のような漂白剤は一切使用しておりません。

長さも24cmと女性にも扱いやすいよう、通常の利休箸よりも一回り小さい作りになっています。老若男女どんなお客様が来られても使いやすいよう仕上げました。

年末年始とお客様が多く来られるこの時期に、一つ来客用の御箸を置いておかれると、きっと重宝すると思います。

 

 

 

迎春用『祝箸(ヘギ入り)』今日から販売を開始します。

祝箸(1組)
祝箸(ヘギ入り)【1組】¥250

12月13日は京都では事始めと言って、お正月の準備を始める日に当たります。そこで当店でも本日から祝箸の販売を開始しました。当店の祝箸は古都京都で昔から使われてきた「関西風」の正式な祝箸です。よく見かける水引が跳ね上がっているタイプは「関東風」と呼ばれ、派手で見栄えが良いことから最近では関東風の箸袋ばかり見かけるようになってしまいました。たかが箸袋一つですが、東西の文化の違いがこんな小さなところにも表れているのが非常に面白く、今年のお正月は少しこだわって祝箸を選んでみませんか。

祝箸(箸のみ)
祝箸(柳箸)【箸のみ・5膳組】¥250

祝箸の御箸は「柳箸(やなぎばし)」とも呼ばれ、大昔は柳の木で作られていたようですが、非常に柔らかく折れやすかった為、同じように白くて折れにくい「水木(みずき)」で作られるようになりました。水木はこけし作りに使われる国産材で腰があり折れにくいのが特徴です。正月から御箸が折れることを忌み嫌った日本文化の象徴だったのですが、近年の祝箸は「アスペン」と呼ばれる外国産材が主流になってしまいました。アスペンは材料費を安く抑えることが出来ますが、非常に反りやすく、折れやすいのが難点です。

どうか今年のお正月は折れにくい国産材の水木を使った当店の祝箸を試してみてください。きっと「そういえば祝箸はこんな肌触りと質感だったな」と、懐かしい思い出がよみがえることでしょう。

祝箸(袋のみ)
祝袋(ヘギ入り)【袋のみ・5枚組】¥1,000

今ではほとんど見かけなくなった「ヘギ入り」の箸袋です。通常の箸袋ですと紙がベタベタに汚れてしまいますが、ヘギが入っていることで松の内の最後まできれいにお使いいただけます。

また「関西風」の箸袋は置き方も独特で、写真のように水引を上にして置くのも「関東風」とは違う大きな特徴です。

 

せっかくのお正月、新年の始まりに御箸と箸袋にこだわってみてはいかがでしょうか。

【黒柿(くろがき)】画像をアップしました。

黒柿(くろがき)
黒柿(くろがき)

国産銘木材の最高峰と言われるのが、この黒柿です。普通の柿の木には黒い紋様は現れず、苦労して永い年月を生き抜いた古木にだけ、黒い紋様が浮かび上がります。

まるで水墨画のような美しさと、稀少価値の高さを併せ持つ黒柿は、多くの人の心をつかむ日本を代表する稀少銘木材です。

【桃色象牙(ピンクアイボリー)】画像をアップしました。

桃色象牙(ピンクアイボリー)
桃色象牙(ピンクアイボリー)

染めたような鮮やかなピンク色が特徴のアフリカ原産の稀少銘木材です。きれいに仕上げた材面は滑らかな象牙のような肌触りになる事から、桃色の象牙「ピンクアイボリー」と呼ばれています。若い女性からは特別かわいい色合いで高い人気を誇りますが、お値段は決してかわいくない、女性憧れの稀少銘木材です。

『螺鈿細工(らでんざいく)』を復活します。

螺鈿細工(キャッツアイ)
螺鈿細工(キャッツアイ)

開店当初1年半くらいは銘木材に螺鈿細工を施した御箸も作っていたのですが、ご依頼の件数が一気に増えてしまって、そこまで手が回らなくなり、やむなくお蔵入りとなった商品です。

近年、在庫分を多めに作るようにした事で、少し時間に余裕ができるようになりました。そうなると「やっぱり真珠光沢の貝殻と銘木材の組み合わせはきれいだな」「もう一度螺鈿細工の御箸を作りたいな」という思いが沸々と湧いてきて、今回螺鈿細工の御箸を復活させたいと思います。

今月中に数種類の螺鈿と、いくつかの銘木材を組み合わせた見本を制作し、螺鈿細工のページも加えたいと思っています。美しい木目の銘木材と、七色に輝く螺鈿の組み合わせは本当にきれいです。どうか楽しみにお待ちください。

【伯剌西爾木(ブラジルウッド)】画像をアップしました。

伯剌西爾木(ブラジルウッド)
伯剌西爾木(ブラジルウッド)

鮮やかなオレンジ色が特徴です。この木からは「ブラサ(燃えるような赤」と呼ばれる赤色染料が採れ、この木がたくさん生えていた国をブラジルと呼ぶようになったと言われています。別名「ペルナンブコ」とも称され、昔からバイオリンの弓の最高級材としても有名な稀少銘木材です。バイオリンをしている方へのプレゼントには喜ばれるのではないでしょうか。

【漆黒木(ブラックウッド)】画像をアップしました。

漆黒木(ブラックウッド)
漆黒木(ブラックウッド)

 

「アフリカ黒檀」正式名称は「アフリカン・ブラックウッド」と呼ばれる、世界で最も重くて硬い銘木材の一つです。音楽の世界では有名で「グラナディラ」という名称で呼ばれています。硬い材質が高い音階をきれいに響かせることから「クラリネット」などに利用される高級楽器用材です。音楽をしている方へのプレゼントにいかがでしょうか。

【檳榔樹(びんろうじゅ)】画像をアップしました。

檳榔樹(びんろうじゅ)
檳榔樹(びんろうじゅ)

名前に樹と付きますが、木よりも竹の仲間(ヤシの木科)です。木材の木目とはまた違った紋様が面白く、どこか南国オセアニアを連想させる少し風変わりな材が、この檳榔樹です。